読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉くなると何故人は腐るのか。

初めまして、ふたけっとという同人誌即売会の代表なんぞしております。
個人としてはただの求職中のプー太郎です、割とクズい人間です。

タイトルにも書きましたが
「人は偉くなると何故往々にして腐るのか」
割とよくみると思うんですよね「あいつは昔はあんなんじゃなかった」とか
「偉くなった途端にコレかよ」とか諸々。
今回はその辺り思った事をつらつらとかいてみようと思います。
お暇潰しになれば幸いです。

「腐る」ってどんな状態?

まあ人それぞれ細かくは定義は分かれると思いますがここでは
「悪い方向に変化する」と思って下さい。
善人が悪人になる、という程単純ではないかもしれないです。

趣味の場で活動している人が有名になりお金を優先し始めた。
仕事で出世した途端に部下に厳しく自分に甘くなり始めた。

とかこんな感じの意味合いだと思って下さい。

皆さんも割と学校や職場、趣味の集まりなどで見た事ありませんか?
僕は見飽きる位見てます。
人間とはそういう生き物だ、と確信する程度には見てます。
(自分もそうなる可能性は十二分にあると警戒しています)
(既になっているかもしれない恐怖も)

なんで「腐って」しまうんだろう?

僕個人の考えではありますが割とシンプルでその理由は「恐怖」かなぁと思っています。
「いや怖がってるやつがあんな態度とらないだろ」と思う人もいるかもしれないです。
そういう人の「人を下に見る」「偉そう」とか前述の変化などどうしてそうなるのか。そういう場にたっている人って自分の足場がどういうもので組みあがっているのかある程度理解している人だと思うのですよ。
なのでいかに不安定か、いつ崩れてもおかしくないのか、些細なきっかけでそこを追われるかもしれない。

そんな恐怖が人をそうさせてしまうのかな、と。
足場を守る為に、自分がそこに立つ為に周囲へ威嚇行動をとる。
そう考えると子犬が見知らぬ人に吠えてるような感じに見えてきません?

僕はそう考えるようになってから「この人も大変なんだねえ」とか「うーん、疲れません?いつも吠えてて」とか
そんな感じに思うようになりました。
いや人間なんでそれと同じように「こいつムカつくわ」とか「いけすかねえ」とかも勿論ありますけども。

恐怖はどこからくるのか

経験則ですので反論は多々あるかと思いますが今まで見てきた例としては
「安心」が恐怖を生んでいる感じはします。

「やっとここに立てた」「ここまで来た」等の到達感だったり感慨だったり確かに大変だったと思います。
それが結果として恐怖の根っこなんじゃないかな、と。
一定の立場や足場に建てた安心感、そこで感じる前述の「追われる」「追い落とされる」という恐怖。
平社員が部下に追い越される恐怖ってあんまないでしょう。
精々クビになるかもとかはあるかもしれませんがそこまでいったら立場関係ないですからね。

過去に先輩より「安心はお前を殺すぞ」という意味合いの言葉を貰い、確かになぁとしみじみ思ったりしたものですが
彼らはそういう安心と恐怖に囲まれているので結果自分を守る為に威嚇行動をとってしまうんだろうなぁと。

という訳で結論のようなもの

人が腐る理由、ですがまとめると
:恐怖心から威嚇してしまう。
:足場の不安定さを理解している。
辺りが大きな要因かな、と。

だから許せとかそういう話でもないです、確かに理解してあげてほしいなあという希望もなくはないですが
彼らの穴はそういう所にもあると思いますよ、という話でもあります。

人の行動心理(学問的な意味ではなく)を考えていった時に恐怖を刺激するべきかどうかは結構大事です。
安定した場と行動を求めるならば無用に相手の恐怖心はあおらない方が良いですし
攻め込むべきならば相手の急所をさせるタイミングと距離まで近づかなければいけません。

そしてこれらは同じ行動で進められます。
人をしっかり見て、相手の安心感と恐怖の根本をしっかり探りましょう。
その上で、出来る事なら相手を刺さず良い関係を築けるよう少しでも良い方向に変化できるよう
働きかけられたら素晴らしいと思います。

相手を刺せる、というのは相手を守れるという事でもあります。
刺すか守るか、選ぶのはその人次第ですが出来る事なら皆が隣にいる人、ちょっと上やちょっと下にいる人を
守りあえる世界だといいなあと願うのみです。

ラブアンドピースって言葉がありますけど、あれ世界の真理だと思うので常に心の中で呟くといいですよ、お勧めです。

 

 

 

電子タバコに関して。

最近少しずつ実店舗なども増え、微妙に認識されつつある電子タバコ

昨日イベントで友人達と喫煙所で話してた際に今度教えてほしいという

事を言われツイッターに書こうとしましたが、どうせなら自分の体感した

メリットと共にこの辺りお勧めですぜ、というのを書いてみようかと。

(このブログ自体が練習だしね!)

 

という訳でまずは体感したメリットから。

1:鼻づまり、淡、咳などが収まる。

僕は結構ヘビースモーカーで仕事(9-18時)の仕事をしていても平均

2箱は吸い、休日ともなれば4~5箱は吸う感じでした。

これ位吸う人間になると慢性鼻炎かと思う位鼻づまりがあり、

常に淡が絡んだ状態で咳もしょっちゅう、という状態。

これが1週間位で激減、今では(3か月ちょっと)ほぼでない、という所まで

変わってきました。

体調というよりは体から不快な要素が抜ける感じですね。

 

2:汚れない

日本国内ですと薬事法の関係だかでニコチンもしくはニコチン入りの

リキッドを販売する事ができない為、海外から輸入せざるを得ません。

ただ輸入事態は日本語対応サイトもあるし通販も早いし特段困る事もなく。

何よりタールがないので部屋が汚れたり匂いがついたりすることがない訳です。

禁煙の家でも多分平気で吸って大丈夫

(汚れや匂いという意味で、家主が許せばですが)

 

3:安い

僕の紙巻煙草を吸うペースだと月辺りの平均額が2~3万近く行くわけですが

今は海外からの輸入代金などをコミコミでも月平均4000円を切ってると思います。

なのでここは地味に凄く大きい。

初期投資の一部を除けばお小遣いの少ないお父さんにもお勧めですね。

 

判りやすいメリットはこの辺り。

ではデメリット?かもしれない点も。

 

1:満足感が薄いかもしれない。

前述の通りタールがないので確かにニコチンを摂取できてはいるのですが

吸い口(煙)が軽くニコチンが入ってる事は認識できますが紙巻の様に

ガツンとくる刺激はありません。

ガツンとくるレベルのニコチン比率にすると気分が悪くなるのでやめましょう。

(何度か失敗して貧血みたいな眩暈に襲われています)

 

2:バッテリー管理がある。

電池式、内臓バッテリー式とありますが基本充電が切れたら何もできないので

モバイルバッテリーや予備電池が必要となります。

デメリットとしてあげてありますが今ではモバイルバッテリーなどは一般的なので

さして困る事は実際にはほぼありません。

 

3:市販のリキッドが微妙に高い。

これもまあ極々初期だけかと思います。

慣れてきたら自分でリキッドの味を作ればいいので、手間でもありますが

そこが楽しみにでもあるので余りデメリットではないですかね。

 

という前提を踏まえましてお勧めの電子タバコなど。

 

1:入門向け、お手軽、軽量、小さい 

 こちらはzippo位のサイズでなおかつ吸い口から吸い込むだけで自動的にスイッチが入りリキッドを気化させてくれるのでお手軽感は抜群です。

なおかつ入門者用に進められているスティックタイプ(一体型)のデメリットである

ジュルり現象(気化しきれなかったリキッドが液体のまま吸われてしまう現象)が

余りないという。

リキッドタンクの容量、バッテリー容量は勿論少量ですが、休憩時間に1~2本吸うんだ、という程度の人であれば全然アリだと思います。

何より安いですしね。

お手入れ(掃除)が少々面倒な位でそれ以外は結構アリかと思います。

 

2:個人的なお勧め

2-1:バッテリー

 

istick pico という電池式ですがコンパクトなバッテリー。

電池式なので容量的な面では多少の少なさを感じますがモバイルバッテリーや

予備電池を持っていればそこは解決しますし、何より内臓式バッテリーと違って

バッテリーそのものの消耗という面を回避できるのが良い。

あとは手のひらサイズなので持ち歩きに邪魔にならない、という面も。

amazonなどで商品名で調べるとアトマイザー(タンクと吸い口)がセットのものがよく

ありますがここではあえて本体のみをお勧めします。

(色にこだわりがなければアトマイザーとセットの方が安いのもあったりするので

 そこはお好みになるでしょうが)

 

 

Joyetech UNIMAX 22 スターターキット (? Silver/Brown)

Joyetech UNIMAX 22 スターターキット (? Silver/Brown)

 

 こちらはスティックタイプのバッテリーですね。

(バッテリーのみのが見つからずアトマイザーとセットのしかなかった…)

容量は2300mと少々少な目(それなりに吸う人だと一日持たない)ですが

モバイルバッテリーなどで定期的に充電できるならば解決できる感じです。

こちらは上記のistick picoと違いスティックタイプなので嵩張らないという面が大きいです。

実際に吸う時も持ちやすいですしね。

ただし電圧調整などができないので慣れてくるとそこは少しもどかしいかもしれません。

 

バッテリーとしてはやはりこなれて来た時に色々調整できるistick picoがお勧めかなぁという感じでしょうか。

 

2-2:アトマイザー

アトマイザーとはリキッドタンクと吸い口の事だと思って下さい。

こちらはモノによってデザインや性能、方向性に差があります。

ただしそれなりにヘビーに吸う人はほぼ必ず平均的なアトマイザーを選んでしまうと

コットン(リキッドを気化させる為にコイルに巻きつけてある綿、交換できない部分)が

焦げやすいので正直入門用としてセットになっているのはお勧めし辛いなぁという感じでしょうか。

なので僕のお勧めとしては

 

こちら、Aspire製のATLANTIS2を断然お勧めします。

爆煙(大量に煙を出したい人向け)のものであるのですが、何がいいかといいますと

リキッドを供給するコットンへの供給口が大きい、数が多いので僕みたいに4~5時間

吸い続けるようなヘビースモーカーでもまったくリキッドが焦げる心配がない、という所につきます。

変なのを買って後悔し、買いなおす位ならばこれを選びましょう。

リキッドの残量も見えやすいですし、ちょっとゴツいですがそれにふさわしい性能はあると思います。

(リキッドの入れやすさはちょっと慣れるまで面倒ですけども)

 

というこの辺りが正直お勧めだったりします。

実店舗だと色々見れたりしますが、通販より最低でも2~3000円程上乗せされているので実店舗で見てamazon通販、というのがお勧めかなーと思います(笑

 

友人知人であれば何かの際に実際店舗にいって手に取ったりしてそれから選ぶという事もできるのでお付き合いしますので相談してくださいな。

 

という訳で長々と書きましたが喉や鼻の調子、匂い、維持費など含め電子タバコ

気になっている人がいたら少しでも参考になれば嬉しいです。 

 

人が読む文章を書く、という事。

20年近く前にまだインターネット黎明期の頃、将来はシナリオライターになりたい、という方がHPにて日記を公開されていました。

当時はHP自体は多くありましたが人気のあるページなんかはやはりそれなりに限られていてなんとなーくリンクを辿っているとどこかしらから人気のあるページにはたどり着けたりしていたものでして。

 

当時ふと読み始めたその文章は凄く面白く魅力的な文章でした。

IRCチャットでお話をするようになってからもやはり面白い方でこんな凄い人もいるんだなあと当時は漠然と思っていました。

その方は絵も描かれていたのですが(大変失礼ではありますが)やはり文章が魅力的で

沢山の方が閲覧されていたのではと未だに思う部分はあります。

(絵も確かに良かったんですけどね)

 

ご本人は練習、と言っていましたがやはり最初の記事から結構面白い文章を書かれる方で「人に見せる文章」と「それ以外」は結構な温度差があり相当意識してコントロールしているのかな等とお話を聞いていて思ったものです。

 

直接対面で人とお話しする時に温度をコントロールするのってなんとなくは想像できると思うんですね、話すペース、相槌の打ち方、速度、などなど。

文章ってそういう温度が読む人にゆだねられるので物凄く難しいと思うんですよ。

詰まらない文章でも最後まで読んでみようって人と、とりあえず3行読んで判断しようって人じゃ全然受け取り方も違うじゃないですか。

 

自分は文章の練習なんて当然した事なんてなくてどういう風にしたらまずまともな文章という物が打てるのか、て所からスタートな訳でして。

ツイッターだと140文字という制限があるので正直それが面倒で長文をだらだら打てるのはいいなあと既に思ってたりはするんですが、文章が苦手な人にはツイッターの方が

向いているのかもしれませんね。

話題を散らせる事が出来ず、必然的に内容が絞られた発言になりますし。

 

ここまで言っててなんですけどブログなんて書かずにツイッターで面白い(というかポジティブ?)な発言を意識して発信し続ける方が訓練になる面ってあるのでは…という

本末転倒な感想が(長文の練習にはなりませんが)

 

駆けつけ3杯じゃないですが、とりあえず次回からは起承転結を意識して下書きして推敲してから公開するようにしましょうね。

 

お仕事探し中とか。

気が向いたらだらだら書くと言ったな、あれは嘘だ。

というのはまあ置いておくとして、先日派遣との契約が正式に切れたので

お仕事募集中の身となっております。

 

実は今までって結構流れで誘われたりして会社を移動していたので

就職活動の経験ってないんですよね…

なんで過去の仕事や内容なぞある程度書いておこうかな、と。

 

・経験のある職種

 :進行管理@アダルトゲーム

 :DTP(もどき)オペレーター@アダルトゲーム / 素材加工など。

 :演出@アダルトゲーム(資料作成や演出方針の決定など)

 :アシスタント全般@雑多に色々アシスタント的業務を。

 :人探し@主にアダルトゲーム(足りてない人材を探してきてアサイン、管理など)

 :一般事務@見積もり作成や庶務、総務的な感じ

  (専任でがっつりではないですが大抵はこなせるかと)

:総務代行業

 :総務+庶務的な業務

 

・経験のある業種

 :アダルトゲーム

 :一般流通事務

 

以上が契約社員、外注、正社員として経験がある業種、業務ですね。

アルバイトまで入れると本当書ききれないので省略させて頂きます。

 

基本は人の間にたって調整役をする事が多く、向いているんではないかなと

自分でも思う所はあります。

ただこのテのマネージメントに属する仕事って具体性が薄いというか

結局その人を信用するかしないかみたいな所なので売り込みも難しいといいますか。

 

あとちゃんとしたオーダーがあれば相当な理不尽までは「仕事だしな」で耐えられる自信がありますのでそういうお仕事もOKです。

 

履歴書でもESでもないよく判らないアピール(にもなってない)ですが

なんか一流じゃなくていいから色々できる奴が欲しい、という方がいましたら

是非お声掛け頂ければ幸いです。

人当りと第一印象は割と良いらしいですよ!

初めましてのご挨拶に。

先日40歳の誕生日を迎え、なんとなく目標もモチベーションも特段持ち合わせておらず

なんとなくだらだらと日々を過ごしていた日常に区切りをつけたいなぁ、などと思い

ペンタブレットを入手し、10年以上まともに描いてない絵を改めて触ってみようとか

折角なのでブログでも書いてみようか、などと思い立った訳です。

(誕生日の区切りでやろうとして既に数日経っている辺り僕の性格がうかがえますね)

 

特段特殊な事もせず、比較的無趣味で、強いていえば同人誌即売会の主催なぞを

やっている位しか変わった事はしていない自分ですが、周囲にいるセンスの良い人、

頭の良い人達を見ていると自分が積んでこなかった色々を積んできた結果なのだろうな、と頷くこと然りな訳でして。

 

とりあえず何もない所から一歩進んでみたいなあと思いこうして筆をとってみたわけです。

見る人がいたらそりゃあ嬉しいですがどちらかというと頭を使う、文章を書く練習に

近いので思いついたらだらだらと書くと思います。

 

クソみたいな挨拶文ですがこんな事すらまともに面白味のある事も書けずとも

40歳にはなっちゃうんですよ!

気が向いたら、が精々長く続く事を自分に祈りつつ。

40歳おめでとうな、自分!